「ディオール」東京ショーに空山基の巨大ロボ、レーザービームの異空間で初のメンズプレフォールコレクション発表

2018-12-04 19:08:08

「ディオール(DIOR)」がメゾン初となるプレフォールコレクションのランウェイショーを東京で開催した。会場となったのは江東区青海地区にあるテレコムセンター。ディオール靴コピーアーティスティックディレクターを務めているキム・ジョーンズ(Kim Jones)の思い入れがある地だという東京に国内外から多数のゲストが来場し、特別な一夜に華を添えた。

買取サイト:https://www.jwellis.com/

LINE:www818

 会場はテレコムセンタービル内、5階まで吹き抜けのアトリウム。アーティストKAWSによる巨大オブジェが配置された前回のショーと同様の構成となる円形ランウェイの中央に、事前のティザーで予告された通り日本人アーティスト空山基による総重量9,150kg、10m超えの巨大な「セクシーロボット」のオブジェがそびえ立った。会場に無数のレーザービームが放たれると、20時30分過ぎにショーが幕を開けた。

買取サイト:https://www.jwellis.com/

LINE:www818

 ファーストルックは、「DIOR」のロゴがあしらわれたロボットを彷彿とさせるスウェットにスラックスを合わせたフューチャリスティックなスタイル。グレーやブラックをカラーパレットに、空山基のセクシーロボットやメカ恐竜がプリントされたアイテムが登場したほか、メタリックやベルベット、ホログラム加工の素材といった、角度によって光沢感が異なるアイテムが差し込まれた。着物を思わせる仕立てのレザージャケットやミニマルなセットアップなど、日本の要素をモダンに解釈したウェアも。またアクセサリーでは、メゾンのアイコンの一つ「サドルバッグ」にメカニカルな要素を加えてアップデートさせたほか、ディオール服コピー「アリクス(ALYX)」のマシュー・ウィリアムスが手掛けたハーネスのディティール、「アンブッシュ(AMBUSH)」のYOONが手掛けたロゴモチーフのイヤリングが耳元を飾った。ピーター・フィリップス(Peter Philips)によって施されたシンプルでナチュラルなメーキャップには、ロボットを連想させるシリコンのステッカーが手元や首に取り付けられた。

関連リンク: ルイヴィトン靴コピー バーバリー靴コピー

関連ブログ:

https://plaza.rakuten.co.jp/bbrandonshop/
http://livesshop.coslife.net/